未経験からWebライターになる方法【未経験から挑戦した僕が教える】

Web Writing

Webライターって具体的にどういうことをするのかよくわからない・・・
Webライターなんてやったことないけど未経験の初心者でもできるのかな・・・
って思っていませんか。

その気持ちよくわかります。
私もなかなか足を踏み出せずにいました。
何から手を付ければいいのかとかがわからないんですよね。
でも安心してください。
結論、なれます。
この記事を読むことで、未経験初心者からWebライターになる手順がわかります。

Webライター駆け出しの僕が体験談をまじえて紹介します。
これからWebライターをやってみたいはぜひ最後までお読みください。

目次

Webライターとは?

『Webライター』とはWeb上で文章を書く仕事をする人のことです。
スマホで何かを検索したときに見る記事は、Webライターが書いています。
サイトを運営する企業などから「こんな記事を書いてほしい」という依頼を受けて執筆します。

Webライターのメリット・デメリット4つ

Webライターのメリット・デメリットをそれぞれ4つずつあげてみました。

【メリット】

  1. 職場は自由!気分にあわせて好きな場所で働ける!
  2. 働く時間も自由!都合や予定に合わせてフレキシブルに!
  3. 収入は自分しだい!やればやるほど収入が増える!
  4. 未経験でも始めやすい

【デメリット】

  1. はじめは単価が低くて、稼ぎにくい
  2. 記事を書くのに時間がかかりがち
  3. スケジュール管理が意外と大変
  4. 孤独を感じることもある

それぞれ解説します。

メリット1 職場は自由!気分にあわせて好きな場所で働ける!

PCとネット環境があればどこでも仕事ができるのがWebライターのいいところ。
自宅でも、おしゃれにカフェでも、場所は自由です。
旅をしながらWebライティングをするライターさんや、お子さんが小さいなどの理由で在宅でWebライターをされている方もいらっしゃいます。

私は家にいるのが快適なので、家で執筆することが多いです。
休憩をかねて家事もできますしね。
でもおしゃれにカフェで執筆するのも気分があがるのでオススメです。

メリット2 働く時間も自由!都合や予定に合わせてフレキシブルに!

会社に出勤するわけではないので、納期さえ守ればいつ仕事をしてもOKです。
「朝早く」でも、「夜お子さんが寝てから」でも、「日中のスキマ時間」でも自分しだいです。
朝型の方なら、静かな朝のうちに仕事を進めるのもいいですね。

ちょっとしたスキマ時間を活用できるのも魅力です。
スケジューリングが柔軟なところは大きなメリットですね!
ただし『納期を守れば』です!ここは絶対ですので、かならず守りましょう。

メリット3 収入は自分しだい!やればやるほど収入が増える!

月給制ではないので、やればやるほど収入になります。
稼げるかどうかは自分の実力しだいなのでやりがいありますね。
月100万円以上稼ぐ凄腕Webライターさんもいらっしゃいます。

メリット4 未経験でも始めやすい

お店や商品を用意したり、機材の準備がほとんど必要ありません。必要なのはPCとネット環境くらいです。
基本的な知識は必要となりますが、未経験でも始めやすい仕事としてはトップクラスになると思います。
実際に完全未経験だった私もWebライターとして活動できるようになりました。
今後スキルを上げることで収入を増やしていける点も魅力です。

デメリット1 はじめは単価が低くて、稼ぎにくい

最初のうちは高単価の仕事はとりにくいもの。経験の多いライターさんと比べると同じ文字数を書いても、いただける報酬に差があります。
経験を積むことで、少しずつ単価アップが望めますが、始めは違うバイトでもした方がいいと思うかもしれません。
自分の実績作りと考えて、最初は単価が低くても請けてしまうのもアリです。

デメリット2 記事を書くのに時間がかかりがち

記事を書くためには執筆前の下調べや、どんな内容を書くかといった構成を考える必要があります。
なれないうちは、意外と時間がかかります。
1記事を書くのに2日以上かかったり、場合によってはもっと時間がかかったりすることも。

丁寧に書くのは当然ですが、1記事に時間をかければかけるほど時給換算すると低くなってしまうことになります。
私もはじめは5日、6日とかかっていました。今も記事によっては時間がかかりますが、少しずつ手際がよくなっているなと感じています。

デメリット3 スケジュール管理が意外と大変

会社員と違って、仕事をどれくらいこなすかといったスケジュール管理を自分でしなければなりません。
スケジュール管理がうまくできないと、納期に追われて忙しくなってしまうこともあります。

デメリット4 孤独を感じることもある

Webライティングは基本的に一人で作業を進めていきます。
「他人と力を合わせてプロジェクトを進める」ようなスタイルの仕事ではないので、どうしても他人との接点が薄くなりがちです。
とはいえ、これは個人の考え方によるところが大きいです。これを自由と捉えるか孤独と捉えるか、それは自分しだいと言えるでしょう。

未経験からWebライターになる手順とは?

Webライターは特に資格が必要というわけではないので、究極的には文章が書ければ誰でもなれます。
ただし、たいていはテストライティングというお試しがありますし、テストに合格したとしても適当な記事を書いていては継続してもらえないので長期的に稼ぐことはできません。
なので、未経験からWebライターになる手順を次の3ステップで進めましょう。

  1. 基本を学ぶ
  2. 仕事をする
  3. 自分にたりないところを学ぶ

の3ステップです。

それぞれ解説します。

1 基本の型を学ぶ

Webライティングは日記を書くのとはちがうので基本の型を学んでおく必要があります。

基本を学んでおくことで、早めの単価アップや継続したお仕事をいただけることにつながります。
また、型が定まっていることで、

  • 執筆スピードが早くなる
  • 品質もブレにくくなる

という利点もあります。

2 仕事をする

まちがえてはいけないのが、1の「基本の型を学ぶ」に時間をかけすぎないということです。
自信がなくてもどんどん積極的に仕事を請けていきましょう。
仕事の請け方については、あとで解説していきます。

3 自分にたりないところを学ぶ

仕事をしていく中で、自分にたりないと思うところをピンポイントで学んでいきましょう。
学び方は未経験からのWebライティングスキルの高め方をご参照ください。

未経験からのWebライターはどれくらい稼げるの?

Webライターの収入はシンプルです。

Webライターの収入=文字単価×書いた文字数

になります。
たとえば、文字単価1円×10万文字=10万円です。
10万文字も書いて10万円かと思うかもしれませんが、経験を積んで文字単価があがれば同じ文字数でも収入が増えます。
文字単価が1文字2円なら2倍
         3円なら3倍
になりますね。

経験と文字単価の例をあげてみると

  • 0.5円〜0.9円・・・1〜3ヶ月
  •    1円〜1.5円・・・3〜12ヶ月
  • 1.5円〜   2円・・・1〜1年半
  •    2円〜2.5円・・・1年半〜2年

といった感じです。
早めに文字単価を上げていくことが、高収入を得るコツです。

未経験Webライターが身に付けるべきスキル

未経験からWebライターをめざす方が身につけたいスキルを3つ解説します。

①文章力

ライターなので文章力は重要です。
ただし、日記や報告書などとはちがってWebに特化した文章を心がけることが大事です。

たとえば、

  • 結論を先に伝える
  • 共感を示す

といったような感じです。

基本的に読者が無料で読める記事を執筆するのがWebライターなので、スキマ時間に流し読みをする読者にも読んでもらえる文章を書く必要があります。

②SEOの知識

SEOとは、googleやyahooなどの検索エンジンに自分のページを検索されやすくするための工夫のことをいいます。
せっかく記事を書いても、検索した時に上位表示されないと読んでもらえません。
紙媒体の雑誌ではないので、読まれるためには検索されやすい工夫が必要です。
SEOの知識は、文字単価アップにも直結しますので、ぜひ身につけたい知識です。

方法としては、

  • 書籍で学ぶ
  • Webで学ぶ
  • ブログ運営で学ぶ

などがありますが、詳しくは未経験からのWebライティングスキルの高め方で解説します。

③営業力

Webライターはフリーランスで活動されていることが多いです。
会社のように営業部があるわけではありませんので、自分で仕事もとってこなければなりません。
とはいえ、納期厳守で質の高い記事を納品するように心がけていれば、少しずついただけるお仕事も増えてくるでしょう。

未経験Webライターの仕事の取り方

未経験Webライターの仕事の取り方を2つご紹介します。

①クラウドソーシングを使う

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

などのクラウドソーシングを利用する方法です。
メリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】

  • 仕事を取りやすい
  • やりとりが楽

【デメリット】

  • 手数料がとられる
  • 多数のクライアントさんとの取引になりがちで、それぞれのマニュアルに対応しなければならない

多くの場合はこの方法になると思います。手数料がかかるのが難点ですが、たくさんの案件が紹介されていますので未経験のライターさんでもお仕事をとりやすいです。
未経験、初心者OKの案件も多数あります。

②SNSから仕事を受ける

ライターやWeb関係のアカウントをフォローしておいて、ブログなどのポートフォリオを見てもらうことで、仕事をいただく方法です。
初心者には難易度高めと言えるでしょう。

未経験からのWebライティングスキルの高め方

ライティングスキルを高めることで、

  • 文字単価アップにつながる
  • お仕事を継続してもらえる

ことにつながります。
スキルを上げるには、大きく分けて次の4つの方法があります。

①Webで学ぶ

ネットではWebライティングのついての情報を発信をされている方がたくさんいます。
そういった方のブログを読むことで「有益な情報」を「無料」で得ることができます。
一方で、発信している内容が正しいどうかを自分で判断しなければなりません。
たくさんの情報があるので、あれもこれもと混乱してしまう可能性もあります。

②ブログを開設する

ブログとWebライティングには共通点が多いです。
有名なWebライターさんは、ほとんどの方がブログを開設しています。
自分でブログを開設して、記事を投稿していくことでライティングスキルを鍛えることができます。
ブログの操作方法などを覚えることで、記事を書くだけでなく記事の入稿作業なども請けることができるようになります。結果として収入アップにつながります。

③書籍で学ぶ

書籍はクオリティが高く、よくまとまっていることが多いです。
正しい知識を効率的に学べるので、基本を短時間で学ぶことができます。
多少お金がかかるのと、わからなかった点を聞くことができないのが欠点です。

④オンライン講座で学ぶ

有料のオンライン講座で学ぶという選択肢です。
添削サービスがついていたりするので、知識のインプットだけでなくアウトプットしてフィードバックを得ることができます。

値段とクオリティに幅がありますので、どの講座を受講するかを見極める必要があります。
未経験でポートフォリオがない方の場合、講座受講ということが一定の知識を有していることの証明になるかもしれません。

Writing Hacks

Writing Hacksは高単価なWebライターを養成するオンライン講座で、講師は沖ケイタさん、原千明さんです。それぞれ現役Webライターとして活躍されています。

元プログラミング講師の迫祐樹さんが運営するオンライン講座「Skill Hacks」のライティング講座になります。
プログラミングやブログ運営など、「個の力で生きていくために必要なスキルの習得をサポートする」というコンセプトで運営されていて、コンテンツの質の高さやフォローの手厚さには定評があります。

基本情報

WritingHacks

値段69800円(買い切り追加料金なし)
期間無制限
受講スタイル自己学習・動画視聴
受講オンラインのみ
案件サポート受講生限定案件サポートあり

私も受講生ですが、以下の点が良かったと思いました。

  • 無制限の「LINE質問サービス」
  • 卒業後もコンテンツを視聴できる
  • 「Writing Hacks」卒業生名簿への掲載特典
  • コンテンツが体系的にまとまっているので、Webライティングの知識を幅広く網羅的に得ることができる

「質問LINE」で疑問点をすぐ解決できるというのはとても心強いです。
また、講師の沖ケイタさんがオーナーのブロガーが集まるバー「ブロバー」でのオフ会や、各種の有益な案内を、「質問LINE」を通じて定期的に得ることができます。

結論としては、この値段でWebライティングの基礎を一気に学べるのでお得です。
安くはない金額かもしれませんが、学びきることでライティングの基本を身に付けることができます。

気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。
WritingHacks

未経験Webライターの1番のスキル上達法は仕事をとること

繰り返しになりますが、スキルを上達させる1番の方法はアウトプットをすることです。
いくら書籍などでインプットしても、永遠の基礎学習になってしまいます。

以下の3ステップを心がけましょう。

①とにかく仕事を請ける

クラウドソーシングを利用してどんどん仕事に応募しましょう。
たいていは丁寧なマニュアルが用意されているので安心です。
それにテストライティングがあるので、腕試しのつもりで応募すればOKです。テストライティングでも多少お金をいただけることが多いですし、ダメでも得るものは多いはずです。

②わからないところを書籍やWebから学ぶ

仕事をこなしてフィードバックをいただけることがあると思います。
問題点を改善する方法をピンポイントで勉強しましょう。
学校のように教科書を1ページ目から学んでいくのは非効率です。
最初の入門書を数冊または、オンライン講座一種類だけで十分です。

③納品した記事のフィードバックを自分のものにする

ピンポイントで勉強したことを身につけて、次の記事に活かしましょう。
このサイクルを繰り返して上達していけばOKです。

学んだノウハウや気付きを自分のブログで発信していく

Webライターとしてお仕事をしていく中で学んだことなどをブログで発信していきましょう。
Webライティングに関することでなくてもOKです。
記事を書いていく中でたくさんの分野の知識が増えるはずです。
Webライティングで得た豊富な知識をブログ記事に書くことでスキルが上達します。
また、ブログがポートフォリオになるので、一石二鳥です。

未経験からWebライターになる方法 まとめ

未経験からWebライターになる方法を紹介してきました。
おさらいすると

  1. 基本を学ぶ
  2. 仕事をする
  3. 自分にたりないところを学ぶ

の3ステップです。
1の「基本を学ぶ」に時間をかけすぎるのはやめましょう。
さらに、

  1. とにかく仕事を請ける
  2. わからないところを書籍やWebなどから学ぶ
  3. 納品した記事のフィードバックを自分のものにする

の3ステップでスキルを高めて文字単価を上げていきましょう。

そのほか、

  • Webや書籍、オンライン講座など何で学んだらいいか
  • ブログを活用する
  • 仕事の取り方
  • 単価の目安

などについても解説しました。

Webライターとして活動することで

  • 文章力・構成力
  • リサーチ力
  • スケジュール管理能力
  • 専門的な知識

が身につきます。どんな仕事をするにしても必要なものばかりですね。
元手もほとんど必要ありませんので、失敗しても失うものはほぼありません。
Webライターは場所や時間が自由なので副業としても最適です。
Webライターとしての経験が本業にも生かせるはずです。

Webライターという働き方は、人生の幅を広げます。
ぜひ挑戦してみてください。