人生80年時代に40代の男性に大切なこと5つ

ビジネス・経済

人生後半を充実させるために

こんにちは!
突然ですが、あなたは今おいくつですか?


人間、何歳になっても輝いていたいものです。
でも、「もう40代だ」とか「もう若くない」とか良く聞きませんか?
一方で、平均寿命が伸びる、定年が延長される、そんなニュースも耳に入ってきます。
そもそも、学校を卒業して、就職して、定年まで勤めて・・・と言った終身雇用制度が崩壊していると言われる現代、私たちは今まで言われてきた人生のあり方を、もう一度考え直してみる必要があるかもしれません。

世間でよく言われる各年代のイメージと言えば・・・

悩み、楽しみ、なんでも盛りだくさんの10代
自分の世界が広がるイケイケの20代
脂が乗ってきて、仕事が楽しくて仕方ない30代
プレーヤーとしてだけではなく、マネージメントも求められる40代・・・

例えばこんな感じでしょうか。

人それぞれなので、このイメージに当てはまらない方もたくさんいらっしゃると思います。
でも40代を迎える男性なら、仕事を通して様々な体験をされてきていることでしょう。
プロジェクトをやり遂げた、売り上げを伸ばした、部下を育てる立場になった、感動したこと、嬉しかったこと、悔しかったこと・・・

人生80年とすれば、あと40年、ちょうど折り返しです。
40代は少々中途半端な年代ですが、まだ体力もある、そして働き盛り、だからこそ
「自分の人生これでいいのか」
と一度考えを整理してみるのも悪くないと思います。

著者は、東京スポーツ新聞社にお勤めになり、その後生活経済評論家として活躍されている川北義則さんです。

40代なら必要なこと

40代なら備えておきたい3つのポイントがあります。

  • 「柔軟」と言われる感性
  • 「頼れる」と思わせる言動
  • 「カッコイイ」と感じせる佇まい

以上3つです。
これらは、40代になればサラリーマンでも個人事業主でも必要なことではないでしょうか。
仕事への気構え、人に対する態度、自分の律し方・・・
どこかでタガが緩んでいたら、謙虚に締め直す必要があると言えるでしょう。
それができたら、きっと新しい輝きが生まれてくるはずです。
さぁ一緒に考えていきましょう。

1 過去の手柄や成功はゴミ箱に捨てろ

前向きに生きようと思うなら、自分自身で過去の思い出や成功体験の「棚卸し」も必要です。

居酒屋で、同じメンバーで同じ話を何回もしていませんか?
酒席で仕事がらみの話を毎回のようにしていませんか?
昔はこうだったとよく言っていませんか?

心当たりが少しでもあるなら、すぐ改めましょう。

自慢話、過去の話が多い人の特徴は、

  • いま、第一線の仕事をしていない
  • これから何か新しいことに挑戦する気構えがない

のいずれかが多いようです。
いつの間にか溜まってしまった、成功体験や教訓、思い出などに縛り付けられないようにしましょう。
フットワーク軽くいたいですね!

2 自分を捨てる芸を身につけよ

組織で働くサラリーマンにとって昇任は嬉しいことだと思います。
でもそれは同時にある種の「寂しさ」も伴います。
なぜかというと仕事の「現場」を離れることを意味するからです。
特に20代、30代で実績を上げてきた人にとっては、辛いものがあると言います。

私は特に実績を上げたと言うわけではないですが、これは経験あります。
ある種の「寂しさ」としか言いようがないのですが・・・

現場を離れたら、言動に注意しなければならない

どの職場でも見られることかもしれませんが、現場を離れた上司の

オレはこうやってきた
オレならこう考える

と言うこの発言を部下は
「絶対命令」
と受け取ってしまいます。
部下にとって今まで実績を上げてきた上司はスター選手のようなものですから。
部下を萎縮させてしまいますね。

逆に、自分に代わって現場の長となった部下に対して、気を配って発言すると現場はとてもスムーズにいくはずです。

管理職という役目を果たすなら心しておくこと

40代は、管理職、つまりマネージャーとしての役目を果たす岐路に立っていることが多いと思います。
現場と決別し、その役目を果たそうと思うなら次のことを気をつけておきましょう。

  • 部下の言葉にまず耳を傾ける
  • 部下を減点主義で見ない
  • 自分の成功体験は原則として忘れる
  • 役割の変化を認識する
  • 部下の力を引き出す

自分のスキルに自信を持ち、かつ成功体験が多い人は管理職になってからも、自分の培ってきたノウハウを唯一のものとして捉えがちです。
これでは部下はついてきませんね。

現場の主役を後輩に譲って、自分は優れたマネージャーにならないといけません。
現役時代の自分を「捨てる芸」を覚えましょう。

部下は、そんなあなたの「芸」にいつか気がつくことでしょう。

3 部下を呼び捨てにしない

職場で、部下をなんと呼んでいますか?
呼び捨てですか?
ニックネームですか?
「くん」付けですか?

学生時代の部活のノリで呼び捨てする職場って多いのではないでしょうか。
歳をとってそれなりに肩書きもつくと、周りも気を遣ってくれますからつい上から目線で接してしまいがちです。
でも、自分が若かった頃のことを思い出してみてください。
昔も部下に対して丁寧な言葉使いの人がいたはずです。

そうした人と話していてどう感じましたか?
仕事上は半人前な自分を一人の人間として尊重してくれる、そんな上司とは全力で仕事に取り組もうという感情を抱くと思います。

今は、部下がいつ自分の上司になるかわからない時代です。
部下に対しては、「さん」付けで呼びましょう。

4 心の若さを育てる

「アンチエイジング」、「病気にならない生活習慣」、「長生きの秘訣」・・・
高齢化の時代とともに、最近良く聞くようになりました。

誰でも若くいたいものですが、老化というのは個人差が激しいそうです。
いわゆる体力があるかないかは、
「体を動かさなくなること=活動量が下がること」
が大きく関係しているのです。

年齢を重ねても腰が軽く、積極的に体を動かして頭を使い続けている「心の若い人」は老化が起きにくく、
つまり人間の老化は、体力や知力よりも「心=感情」から始まるということだそうです。

人生80年時代です。
考え方をいったんリセットするには十分な時間があります。

  • 職場以外の場所で趣味を広げる
  • 新しい勉強を始める
  • サークル活動に参加する
  • 地域の活動に参加する

など、なんでもいいと思います。
今日が人生で一番若い日です。
40代でも遅すぎることはありません。

5 自分を律する

年齢を重ねると注意してくれる人が減ってきます。
職場では特にそうかもしれません。
そういう時は要注意です。
人は易きに流れるもの、油断すると自分勝手な行動をしてしまうかもしれません。
自分を律することができるか、己の精神力を試されます。

  • 体形維持のために最低限の運動を継続できるか
  • 部下に丁寧な言葉使いで接することができるか
  • 自分だけはいいやとずるいことをしないか

部下は自分の指揮官をよ〜く見ていますよ。

心に「什の掟」を

「什の掟」を知っていますか?

  • 年長者の言うことに背いてはなりませぬ
  • 年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
  • 嘘言を言うことはなりませぬ
  • 卑怯な振舞をしてはなりませぬ
  • 弱い者をいぢめてはなりませぬ
  • 戸外で物を食べてはなりませぬ
  • 戸外で婦人と言葉を交わしてはなりませぬ

ならぬものはならぬものです

有名な言葉なので、ご存知の人も多いと思います。
会津藩で定められていた掟ですが、最近では会津若松市がこれをもとに、「あいづっこ宣言」を制定したり「ならぬものはならぬものです」からとって「NN運動」というものを福島県で展開したりしているそうです。

一部、現代にそぐわない内容もありますが、ほとんどは身の処し方として現代でも通用するのではないでしょうか。
特に最後の「ならぬものはならぬものです」という一文は、理屈ではなく自分だけの「律」を作っていくことが大切でしょう。

終わりに

いかがでしたか?
40代から輝くために何をすればいいか見えてきましたか?

健康面でも、仕事面でも意識して過ごすのとそうでないのでは雲泥の差が出てしまいます。
なんとなく過ごしていては、あっという間に50代、60代です。
自分の言動に注意して、変える必要があれば一つずつ、少しずつでいいので努力していきましょう。